重要な絆(きずな)

この夫婦にとっては、深い会話よりも「皿洗い器が壊れちゃったわ」というような日常的なやりとりが、実は重要な絆(きずな) になっていたのです。あなたが優しくなること。彼女の立場にもなってみましょう。もしふたりの関係を大事だと思うのならば、毎日の会話にも付き合う方法を見つけなければいけません。話をする時間とか、場所などを提案しま「ニュースが終わってから話し合おうよ」「あの水道屋からお金を取り戻す件だけどね、明日の朝ご飯のとき妬分間とって、そのとき話さない?」「今度の休暇については水曜日の夕食の後に話そう。そのときには計画書も書き終わっていあなたが会話に気乗りがしないのは、巻き込まれることを避けているとか、あるいは父親の習慣を身につけただけかもしれません。びっくりして気絶しないこと。なぜなら、時間をかければ、ふたりの語らいをもっともっと楽しめる可能性だってあるからです。ネイトとトゥルーディは、ふたりが一緒になる唯一のチャンスであるベッドタイムに話をすることにしました。初めのうちは、トゥルーディがその日にあったことをこまごまと話しだすと、ネイトはもううんざりという感じでした。しかし間もなくすると、今度はネイトが自分の職場であったことを様々に語りだして、彼女を寝つかせなくしてしまったのです。いつも私がしゃべってばかり、彼はだんまり。欲求不満です男性はただ一緒にいるだけで圭せを感じるパートナーと何とかうまく会話をしようと、とんぼがえりをうっているような男性もいますが、まったく無口なパートナーに参ってしまうのは、たいてい女性のようです。

出典:facebook 恋活

Comments are closed.